やっぱり怖い研磨剤!おすすめの研磨剤なしの歯磨き粉とは?

ほとんどの歯みがき粉に多く配合されている成分のひとつ「研磨剤」
「研磨剤は歯を削ってしまうから使わない方がいい」と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?「研磨剤=削る」というイメージがあるのでどうしても不安になってしまいますよね。研磨剤が入っている、入っていないでは歯に与える影響はずいぶん違います。

かと言って研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉ってどうなの?と疑問に思う事ありますよね。

そこで今回は研磨剤が歯に与える影響をまとめてみました。そして安全性はもちろん効果も期待できる、研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉も一緒にご紹介していきます!

これを読んで、みなさんの不安な気持ちが少しでも解消されたら嬉しいです。

そもそも研磨剤って?

hamigaki_white2

歯みがき粉の成分は研磨剤、発泡剤、温潤剤、粘結剤、香味料、保存料等で構成されています。歯みがき粉に使われている研磨剤とは一体何なんでしょうか?

役割
成分上の研磨剤の役割は歯の表面に付着した着色汚れ(コーヒー、紅茶、ワイン、タバコなど)や歯垢を綺麗に落とす役割とその着色汚れを付きにくくし本来の歯の白さを保つ役割の2つがあります。

研磨剤の代表的な成分
多くの歯みがき粉の成分表記を見ると「研磨剤」ではなく「清掃剤」として記載されています。
  • 卵殻
  • 重質炭酸カルシウム
  • ハイドロキシアパタイト
  • ヒビロキシアパタイト
  • マイクロクリスタリンワックス
  • ピロリン酸カルシウム
  • ピロリン酸2Ca
  • 酸水素カルシウム
  • リン酸水素カルシウム
  • リン酸水素2Ca
  • 含水ケイ酸
  • シリカ
  • 炭酸Ca
  • 水酸化アルミニウム
  • 無水ケイ素 など

このような記載があれば研磨剤の役割がある成分が配合されているということになります。
沢山の種類があってビックリしちゃいますよね。特にホワイトニング専用の歯磨き粉に歯を白くするために研磨剤成分を多く使用していると言われています。
っえ?沢山の研磨剤?!歯は大丈夫?! と不安になってしまうのは当然ですよね。

研磨剤ありの歯磨き粉で歯は削れてしまう?!

歯の表目にあるエナメル層は硬くそう簡単には剥がれないと言われ、歯磨き粉に配合されている研磨剤はヤスリのようにガリガリ削る強い成分ではないと言われています。
また、研磨剤の種類の中でもハイドロキシアパタイトと言う成分はリン酸カルシウムの一種で歯や骨の主成分と同じもので人体にも優しく天然研磨剤として使用されていたり、重質炭酸カルシウムは歯に与える影響を少なく汚れを落としていくなどの負担が少ない種類も存在します。

しかし「エナメル層は硬いから平気!負担が少ないから大丈夫!」と安心してはいけません!負担が少ないだけで歯には少なからず小さな傷がつき毎日続けていく事で小さな傷が大きな傷になっていってしまうのです。
また、「歯を白くさせたい!」「ここは汚れが特に汚れが気になる!」とホワイトニングを意識するとなおさら気持ちが入り過ぎゴシゴシと力が入ってしまいますよね。

例えば・・・
焦げてしまったお鍋の汚れを力いっぱいたわしでゴシゴシ。綺麗になったけどよく見ると底が傷だらけで以前より焦げ付きやすいお鍋になってしまった・・・
洋服のシミや汚れた部分を念入りにゴシゴシ。綺麗になったけどその部分が伸びてよれよれに。お気に入りだったのにもう着られない・・・
なんて経験ありませんか?私は二つの経験の持ち主です。笑

歯も同じで、負担がすくない優しい研磨剤だからと言って気にせずゴシゴシ磨いてしまうと確実に歯の表面のエナメル層が剥がれて知覚過敏や傷ついた部分に汚れが溜まりやすくなり虫歯の原因になってしまいます。
そしてなにより、傷ついた部分に汚れが溜まり歯の汚れが目立ってしまった・・・なんてことになってしまったらホワイトニングケアをしている意味がなくなってしまいますよね。


そんなことにならない為にも慎重に歯磨き粉を選んでいくことが大切なんです。

毎日安心!おすすめの研磨剤なし歯磨き粉!

歯の為に研磨剤なしの歯磨き粉がいいけどホワイトニング効果があるものを使っていきたいけど種類が沢山あってどれを選んでいいか迷ってしまいますよね・・・
そんな方の為に白くするために特化させた研磨剤はもちろん発泡剤や界面活性剤が入っていないジェルタイプの歯みがき粉をご紹介していきます。

トゥースメディカルホワイトEX 3,560円
独自に国際特許を取得したウルトラトラメタリン酸EXという成分が黄ばみの原因であるステインを落とし白い歯に導いてくれ、ステインの再付着を防ぐ予防効果もあります。
苦みやヒリヒリ感もないので小さなお子様から大人まで安心して使用することができます。

 

トゥースプロフェッショナル 3,990円
美白成分ポリリン酸、二酸化炭素を発生させ歯の白さに働きかけてくれる亜鉛素酸Naが配合されています。またジャガイモから摂れる独自の成分Pos−Caは特許を取得ており虫歯の原因となる酸をやわらげる効果があるのでホワイトニングケアと同時に毎日の虫歯予防が出来るので心強い歯みがき粉ですよね。

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニング 4,980円
通常の歯磨き後にブラッシングするケア方法ですが国の厳しい検査を通り認められた医学部外品なので効果のある成分がきちんと入っているのでホワイトニング効果が期待できる商品です。天然由来の成分が多く使われ、一緒に歯茎の腫れや炎症を抑え歯肉炎や虫歯のケアもできるので歯や歯茎などの口内健康はもちろん体にも優しいのは魅力的ですよね。

 

リュミエールブランネージュ 6,480円
天然由来のアルカリ性成分が自然に汚れを浮かすことで歯を傷付けずにステインを除去していきます。また、チャカテキン配合で口臭の素となる口腔内ネバネバの原因を除去してくれるので朝起きた時の口の臭いとねばねば感が気にならなくなったなどの仕上がりが気に入っているという口コミが多い商品です。

このように研磨剤が入っていないジェルタイプの歯磨き粉は黄ばみや汚れを浮かせて除去していく方法なので歯を傷つける心配はほぼありません。
市販で売られている歯みがき粉より価格が高いのが気になってしまいますが、歯科医療でおこなう本格的なホワイトニングに比べると手軽な価格ではありますよね。
ホワイトニング効果も一緒に、そして大切な歯の事を第一に考え安心安全なもので毎日ケアしたい方にはジェルタイプの歯磨き粉がおすすめです!

安心安全なのはやっぱり研磨剤なしの歯磨き粉!

どんなに負担が少ない種類の研磨剤であっても多少なりとも歯にダメージがかかってしまっています。
歯を白く綺麗にしていく事が目的で続けてきたことが逆に歯を傷つけてしまっていたらと考えると悲しいですし、怖いですよね。
歯が綺麗になると言われる商品は綺麗になるために何の成分がどのように働きかけてくれるのか?歯が白くなると言われる商品は白くするために何の成分がどのように働きかけてくれるのか?など効果はもちろん歯に与える影響、毎日使える安全性を考えて選んでいくことが自分に合ったものを選ぶということであり重要な事と言えます。